70年代不動産イメージ
70年代不動産イメージ

〜 私が想い描く70年代不動産の理想のカタチ 〜

時を重ねた贈りモノ
古いモノには物語がある


趣味と暮らす
誰にでも一つは大切にしているモノがある。
それはお金がかかっても他人から理解されなくても構わない。
自分らしい生き方
それこそが豊かな人生。



株式会社 ヤマダタッケン リノベーション課
70年代不動産 セールス 両木 孝輔




70年代不動産コンセプトへ戻る

Page Top