WORK FLOW 仕事の進め方

ー WORK FLOW | 仕事の進め方 ー



ヒアリング



1

まずは、ヒアリングから。
雑談も交えながら未来を思い描いてみましょう

まずは、お客様のご要望をお聞きかせください。
ご予算や間取り、家族構成はもちろんですが、お仕事や趣味のこと。休日の過ごし方。好きなミュージシャンのこと。雑談も交えながら、ライフスタイルについてお話しさせていただきます。もっと毎日を楽しく過ごす未来を想い描いてみましょう。そこから希望の住まいの形が見えてくるとでしょう。


DOWN

家
2


中古物件を探しましょう。

ヒアリングでお聞きした条件や理想のからし方を元に、ベースとなる中古物件探しを始めましょう。と言っても一般の方が物件を探すのはかなり大変のこと。インターネット物件情報サイトで探しても、無数にある物件から、自分の条件にあった物件を探すことはかなり難しいですよね。いくら安くても状態が悪かったり、直すには手がかかりすぎたりと大変。そんなお悩みも70年代不動産にお任せください。価格や間取り、面積、立地など、ご要望の条件に最も近い適した物件をプロの目で判断し、物件探しのお手伝いをさせて頂きます。
※中古物件探しは、お住まいのお近くの70年代不動産パートナーにご相談ください。

DOWN


ご希望の中古物件が見つかりました!

いよいよ、希望に近い物件がみつかりました。新築とは異なり中古物件は、間取りが希望に添えていないことは、むしろ当然のことです。70年代や80年代では普通だったこと間取りも、30、40年も月日も流れ現代のライフスタイルに合わないことはしばしば。しかし、そこが中古物件の魅力だと考えています。新築では効率の良い間取りで、コストを極力抑えたデザインは、どの家も似たり寄ったりで面白くないですよね。中古物件ならではのデザインや間取りは、リノベーションすることで、新築並みに、いやいや新築以上に魅力的な間取りに化学反応することも。



暮らしをデザインする

新築では、基礎や柱、梁、全ての材料をゼロから用意するため、想像以上に予算がかかります。しかし、中古物件は、使える既存の材料は最大限活用し、補修交換すべき材料だけを仕入れますのでコストを最小限に抑えられます。これまであった物は、70年代や80年代に作られた建材ですから、現在の建材にはない魅力的なものもいっぱい。どこを直して、どこを残すか。アイデア次第で魅力溢れるお家に変わります。物件を調査し、直すべきところは直し、デザインとコスト計算をします。見積もりのステップへ進みます。



お見積もり

中古物件リノベーションにかかる費用を算出します。ハウスメーカーや工務店の見積もりは、一般の方にはわかりにくいという声を聞いたりもます。70年代不動産では、どこにどれだけの金額がかかるか、価格が明快でありたいと考えています。外壁の補修にいくら、床の張り替えにいくら、水廻りにいくら…
お客様の予算にあったプランでお見積もりさせて頂きます。




いよいよ契約です!

70年代不動産では、アパートの月の家賃よりも、ローンの毎月の支払い金額が同等、もしくはそれよりも安く抑えたいと考えています。売り上げばかり気にして高い住宅を販売しても、お客様のこれからの毎日が住宅ローンのために働いているなんてことになって欲しくはないからです。日々を楽しむためののゆとりはしかっり考えて、提案させていただきます。







いよいよリノベ着工となりました!

デザインも決まり、契約も完了しました。いよいよリノベ着工。不要な部分を解体する作業の開始です。畳をめくったり、床をはがしたり、どんどんお家はダイエットされスケルトンに。外壁では、外断熱や塗り壁、塗装など、予算に応じた工事を施していきます。





おめでとうございます。お引き渡し

いよいよお引き渡しです。BEFOREがどんな建物だったか想像出来ないくらい素敵なお家にリノベーションされました。趣味や遊び、ご家族と毎日の暮らしを私らしく存分に楽しんでください。








今後ともお付き合いよろしくお願いします

お引き渡しが完了しても、70年代不動産は、お客さまとお付き合いしていきたいと考えています。アフターフォローはもちろん、趣味や遊び、雑談話もしていきたいですね。お気軽にショールームにも遊びに来てください。







Page Top